*お気に入りの薄型民芸を紹介*
Cozy Styleがピピッと来ました、おしゃれですてきなインテリアや雑貨を少しずつ紹介していきます。

ユーザー登録 マイルームのロゴ 問い合わせのロゴ

CozyStyle インテリアお気に入りレビュー>インテリアや雑貨を個別表示

最新のトレンドを反映した民芸品

*お気に入りNo.21:薄型民芸

おしゃれな民芸品の置物「薄型民芸」

昭和の時代の定番民芸品である「あかべこ」「木彫りの熊」「こけし」が、現代風にアレンジされた「薄型民芸」をご紹介します。

「薄型民芸」の名が示すとおり、この商品はベニアの一枚板でありまして、実にぺらんっとしています。
テラダモケイさんの「1/100建築模型用添景セット」シリーズといい、実はぺらんとしたものも好きなのかもしれません。(笑)

この商品が薄型なのはデザインだけでなく、ちゃんと意味があります。






昭和の民芸置物

昭和のブラウン管テレビが全盛であった時代、お土産の民芸品を飾る光景がよく(?)見られました。
少なくとも、そういうイメージがありますね。

まぁ、こんなに勢揃いしているところはレアだと思いますけど。(笑)

今は地デジへ移行し、薄型テレビがほとんどを占めています。


最新のトレンドを反映した民芸品

そこで現在はこうです。
民芸品も薄型になり、最新のトレンドを反映した民芸品となりました。(笑)

民芸品という古き良き日本の文化を継承していこうと言うコンセプトで生まれたのが、この「薄型民芸」になります。


ポストカードの薄型民芸

薄型なのはもう1つ理由がありまして、この商品はポストカードでもあるのです。
切手を貼ることで、このまま郵送できてしまいます。

お友達、特に外国の方などに送ると、とても喜ばれるかもしれません。


薄型民芸を組み立てる

構造はとても単純で、パーツも数種類しかありませんので、組み立ては凄く簡単です。


薄型民芸の「あかべこ」

薄型民芸の「あかべこ」です。
あかべこの由来ですが、

1807年福島県柳津町に円蔵寺が建立されましたが、その円蔵寺「柳津虚空蔵尊」建立の際、赤牛が大量の木材運搬に貢献しました。
また、疫病が蔓延した際にも赤牛が疫病を払ったとされています。
以来、魔除けの玩具、虚空蔵の福牛として、会津地方の人々に親しまれるようになります。
「べこ」は東北地方の方言で「牛」のことを意味します。


薄型民芸の「木彫りの熊」

薄型民芸の「木彫りの熊」です。
木彫りの熊の由来ですが、

1921年に徳川義親がスイスに行った際、お土産として木彫りの熊を購入しました。
義親は帰国後、冬に仕事がなくなる北海道の農民に対して、副業として熊を彫る事を勧め、北海道の民芸品となりました。
これが北海道の「木彫りの熊」の誕生のきっかけとされています。


薄型民芸の「こけし」

薄型民芸の「こけし」です。
こけしの由来ですが、

江戸末期、小田原から箱根一帯に赤い染料を使った玩具やお土産が誕生しました。
赤は天然痘から守るとされ、湯治に訪れた東北の農民たちが、人の形をした「赤物」を子供の玩具として買って行ったことによって広まり、今日に至ります。


薄型民芸の「パンダ」

薄型民芸の「パンダ」です。

…これは民芸品ではないです。

なので由来もありません。(笑)

最新のトレンドを反映した民芸品

今回ご紹介したお気に入り
薄型民芸
は、katakanaで取り扱っております。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー 小物雑貨
カラー 白,黒,ライトブラウン
テイスト シンプル,ナチュラル,モダン,癒し
キーワード ポストカード,インテリア雑貨,置物

コメントを記入する


お名前を記入して下さい。
ニックネーム・ハンドル名でも問題ありません。

記入しましてもサイト上には掲載されませんので、ご安心ください。
未記入でも問題ありません。

コメントを記入して下さい。
改行はそのまま反映されます。
HTMLタグは全て削除されます。
CAPTCHA Image
再度別の文字列を表示する


画像に書かれている文字列を記入して下さい。
大文字・小文字は区別されませんので、どちらでも問題ありません。

※コメントは管理人の承認後、表示されます。

インテリアや雑貨レビュー一覧の表示条件

並び替え:
新規順投稿順 人気順 注目順 安値順 高級順



円 ~